京都在住 アートNPO代表さとうひさゑの日々の記録です
by amagasato
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アート・プランまぜまぜ
日記
天若湖アートプロジェクト
いかだのこと
kameoka!
作品
雨傘文化論
お気に入りブログ
日々。生きる現代文学
加藤わこ三度笠書簡
アーツマネジメントの研究...
Trade mark 日...
京都大学時間雇用職員組合...
アート・プランまぜまぜ
声と風景
天若湖アートプロジェクト
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
環境・エコ
アート・デザイン
画像一覧

春の終わり、初夏の入り口、その頃の作品

 先日お酒を飲んでいて、ふっとこの作品を思い出した。

もう3、4年ぐらい前になるかなあ・・・三角スヰッチというユニット(写真/田中幹人、文章/さとうひさゑ、デザイン/兼松淳哉)でつくった作品。
3人とも途中で忙しくなってしまい、原稿は日の目をみないでいる。
 「シャベル」と「猫」と「建物のヒビ」3枚の写真からイメージしたはがき1枚分の物語。

*********
ざくり、ざくり、という音で目が醒めた。
白い壁紙が窓から入る柔らかな光を映している。
わたしは朝一番の仕事を思いだし、慌てて起き上がった。
枕元には、寝る前に見なおしていた写真が散らばっている。
廃工場の壁を這うヒビ、災害の残したヒビ…。
ここ数年、わたしは建物に入ったヒビばかりを写していた。
 写真を跨ぎ、カメラを手に取ると、その足で勝手口のドアを開けた。
彼の奇行を見物していた野良猫が、驚いて走り去って行った。
塀で囲まれた東向きの庭は日差しが溢れていた。
物干し竿の下で彼は無心に穴を掘っている。
細長い体を屈め砂利の混じる硬い土にスコップを突き刺す。
わたしはレンズを向けた。朝のパフォーマンスは今日で1週間目になる。
個展会場で5年ぶりに再会したのが、この役目を引き受けるきっかけだった。
彼は展示された作品を見つめ、映っているヒビを丁寧に指でなぞった。
美大を卒業してから5年、わたしたちはあの地震の傷を埋める作業を、
別々場所でしていたことを知ったのだった。
わたしは彼の横にしゃがんで、穴の底をレンズ越しに覗いた。
スコップの地面を齧る音が止まり、荒い息の音が頭上から聞こえた。
彼の泥だらけのスニーカーとわたしのサンダルが並んでいた。
 「この穴どうするの?」少しためらいながら、なるたけ自然に尋ねた。
「中で寝ころんだら土をかぶせてくれる?」彼は笑いながら答えた。
その声をかき消すように、強い春風が吹き、半開きのドアが勢い良く閉まった。
どこかから運ばれてきた数枚の花びらが、剥き出しの土にはらはらと落ちた。
[PR]
by amagasato | 2006-04-30 01:13