京都在住 アートNPO代表さとうひさゑの日々の記録です
by amagasato
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
アート・プランまぜまぜ
日記
天若湖アートプロジェクト
いかだのこと
kameoka!
作品
雨傘文化論
お気に入りブログ
日々。生きる現代文学
加藤わこ三度笠書簡
アーツマネジメントの研究...
Trade mark 日...
京都大学時間雇用職員組合...
アート・プランまぜまぜ
声と風景
天若湖アートプロジェクト
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
環境・エコ
アート・デザイン
画像一覧

太田川→斐伊川

2 23日 日曜日

朝 6:30 ホテルチェックアウト会場へ出発
 イカダサミット参加者は用意されたタクシーに分乗して昨日のサミット会場へ。
サミット参加者は当日行われる「太田川いかだくだりカワニバル」の審査員になる
ということを聞いていたが、参加者のイカダに乗せてもらえることになった。
 荷物は出発地点に預けておける(チェックアウト後なので)と思ったのに、
ここには戻ってこないから一緒に乗せろという指示あり。
「それはどうかと・・・」思いながら、水よけにゴミ袋を被せ乗り場まで
行くと、同乗させていただくことになったイカダのメンバーの方から「車で到着地点
に行くひとがあるから乗せていくよ。」と声をかけてもらえた。
 実行委員会の人より気が利いている。
イカダに乗ってからお話を聞くと、毎年参加しているれんこん倶楽部さんという老舗のグループとのこと。
本当にいいグループに同乗させてもらった。
イカダの上には飲みものや、食べ物が豊富で、食べたり飲んだりしながら会話を楽しむ。
各艇が食べ物の交換で交流をするのもおもしろかった
約10名がオールで漕いだり、バタ足で動力になったり。

何より、初めての広島で川からまちを眺めるなんて、贅沢な時間を過ごせたことがすばらしかった。
 後半、先頭部分に乗せてもらって、オールも漕がずに川、空、そして自分の脇に広がるまちをぼんやりと見ていた。
 広島は緑とビル、そして川が調和した風通しの良いまちだと感じた。

そうして、太田川を8kmを5時間かけてくだったあと、解散。
 一緒のグループだった子に銭湯の場所を教えてもらって、お風呂に入ってすっきり
したあと原爆ドームを見学。
 思ったより落ち着いた清涼な空気が流れていた。
 静かに手を合わせる。
 外国人がたくさんいたのが印象的だった。

夕焼けのバスセンターから高速バスに乗り込み
f0062601_2322888.jpg
夜中の出雲、斐井川キャンプへ
[PR]
by amagasato | 2009-08-30 23:24 | いかだのこと