京都在住 アートNPO代表さとうひさゑの日々の記録です
by amagasato
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アート・プランまぜまぜ
日記
天若湖アートプロジェクト
いかだのこと
kameoka!
作品
雨傘文化論
お気に入りブログ
日々。生きる現代文学
加藤わこ三度笠書簡
アーツマネジメントの研究...
Trade mark 日...
京都大学時間雇用職員組合...
アート・プランまぜまぜ
声と風景
天若湖アートプロジェクト
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
環境・エコ
アート・デザイン
画像一覧

カテゴリ:天若湖アートプロジェクト( 18 )

ダムとアート~天若湖アートプロジェクトの現場から

たぶん、はじめて公にお話しする
わたしの天若湖アートプロジェクト論かもです。
がんばります!

ぜひお越しください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1回 保津川トーキング
 主催 : 桂川流域ネットワーク
 日時 : 平成23年7月10日(日) 14:00~16:00
 場所 : みとき屋(ドイツカフェ) 南丹市日吉町胡麻障子畑18-1   
      JR胡麻駅から徒歩10分です!   
    
 内容 : 「ダムとアート ~天若湖アートプロジェクトの現場から」
        さとうひさゑ さん
         NPO法人アート・プランまぜまぜ理事長 
         天若湖アートプロジェクト2011実行委員長
 
 天若湖アートプロジェクトを始めて今年で7年目になります。私は「あかりがつな
ぐ記憶」の魅力で、このプロジェクトに取り組むことになりました。
 そして、否応なしにダムの存在についても思いをめぐらすようになりました。
 また、京都市内の暮らしが桂川の上流・中流とどのような関係にあるのか、という
ことにも興味を持ち、この7年間で「流域市民」という概念が徐々に自分のものに
なっていきました。
 今回は天若湖の存在とその場所でのアートの可能性について、お話ししたいと思っ
ています。
  参加費:500円
 申込み:先着15名(当日、参加もOKです。参加状況確認ください)
   ※ 鈴木までお名前をご連絡ください
      s-kappa@lilac.plala.or.jp  TEL:090-1240-8213
[PR]
by amagasato | 2011-07-02 00:27 | 天若湖アートプロジェクト

今年の天若湖アートプロジェクト

天若湖アートプロジェクトまで2ヶ月を切りました。
今年、わたしは2年目の実行委員長です。

実行委員長になって、これまで見えなかったことも見えてきました。

今年心掛けていることは
良いアイディアであっても、むりやり実現しようとしない。
ということです。
また、「今年はテストケースとしてやってみる。」
という選択肢も大事にするように
なりました。

何年か前に比べて、気持ちに余裕ができてきたのはこの考え方の
おかげだと思います。

無理に「アートだから」というこだわりを持つこともやめました。

今年は天若湖アートプロジェクトの転換期をまた迎えることになると感じています。

1つは原点回帰といえばいいのでしょうか、
これまで縁のある表現者の方に日吉ダムの湖面利用提案のアイディアをお願いしています。
天若湖アートプロジェクトの会場で展示する予定です。
うまくいくようなら、来年度以降この案を実現したり、より多くのアーティストに
提案していただけるように広く公募することも考えています。

2つ目は内部的なことですが、事務局機能の確立です。
これまであまり組織的な運営ができていませんでしたが、今年は会計担当を
独立して置くなど、組織化に向けて1歩前進、といったかんじです。

日吉のまちをもっと知りたい。
という学生が自主的に日吉MAPづくりに取り組みはじめたのも
7年目だからこそ、という企画になりそうです。
 沈まなかった集落「中村」に関連した企画も何かしたいね。という話も盛り上がって
います。(これについては来年に持ち越しかもしれませんが・・・)

近況報告のような内容になりましたが、今年もぜひぜひみなさん
天若湖アートプロジェクトを観に来てください。


8月6日(土)、8月7日(日)日没から夜明けまで
今年は折しも<広島の原爆記念日>に天若のあかりが灯ります。
場所も、距離も、公と私も・・・つなげてくれる
「あかりがつなぐ記憶」をぜひ見に来てください。
[PR]
by amagasato | 2011-06-19 23:57 | 天若湖アートプロジェクト

水・水のえんのご案内

下記の催しで天若湖アートプロジェクトの紹介をします。
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

----*以下、水・水のえんのご案内*-----------
 前回、大好評をいただいた
 様々な分野の水関係者が集まり、
 水への思いを伝え合う会「水の日」を開催します。
 御参加をお待ちしています。
 夜の交流会(大宴会)、差し入れ歓迎です。
 (京町家を借り切ります)
***********************
★ ~京町家で楽しむ~ 一日中 水・水のえん
共 催:カッパ研究会、NPO法人京都・雨水の会、京町家さいりん館
    えこ・ろじっくばんど、いきもの多様性研究所
日 時:6月25日(土) 午前10時30分~午後9時
場 所:京町家 さいりん館(中京区室町二条上る冷泉町65)
    http://www.sairinkan.com/
参加費:500円/人
【内 容】3つ部屋に分かれて、お話をお聞きします。
     部屋を渡りいろんな話を聞くのも楽しいです。
<テーブル1> 10:30~12:00
 (1) 「流域とアート」~天若湖アートプロジェクトの試み~
     さとうひさゑさん、他(アートプランまぜまぜ 理事長)
 (2) 「今、見直される水車の力」~「小水力発電」をご存じですか~
     辻大地さん(カッパ研究会会員)
 (3) 「水辺から眺める琵琶湖の魅力」 ~折りたたみ式カヌーの楽しさ~
     前田 聡さん((有)フジタカヌー)
<テーブル2> 12:00~13:00
  ・昼 食  会話は一緒に食べることから
<テーブル3> 13:00~14:30
  (1) 「雨の水質を考える」~放射能ついても考えます~
      高橋朝子さん(雨水市民の会 理事)
  (2) 「食卓から水問題を考える」~身近で遠い水のおはなし~
      西本雅則さん(いきもの多様性研究所)
  (3) 「鴨川は今・・」
      中村桂子さん(日本野鳥の会京都副支部長)
<テーブル4> 14:30~16:00
  (1) 「名所図会にみる水のある風景」
      西野由紀さん(愛知淑徳大学講師)
  (2) 「せっけんと合成洗剤の違いがわかるワークショップ(仮)」
      えこ・ろじっくばんど
  (3)「森と水の関係」
      松田直子さん(株)Hibana 代表取締役)
<テーブル5> 16:00~17:30
  (1) 「水の恵みをさぐる」セミナー報告
      京のアジェンダ21フォーラム
  (2) 「琵琶湖から広がる流域の雨水活用」
      雨水ネットワーク会議全国大会2011in大阪実行委員会
  (3)「天橋立はなぜ日本三景なのか?」
      伊藤 太さん(京都府立山城郷土資料館)
<テーブル6> 17:30~19:00
  (1)「京豆腐」
      平野勇治さん(平野豆腐)
  (2)「生き生き桂川」
      竹内 碩さん(桂川クリーンネットワーク代表)
  (3) 交流会
<テーブル7> 19:00~21:00
(1) 交流会(持参したお酒に肴。水の話題で楽しみます)
    
カッパ研究会URLにも掲載中です。
URL: http://www.kappa-kyoto.vis.ne.jp/

【その他】会場内で軽食等の販売があります。差し入れ大歓迎です。
【参加申込】当日参加OKです。
(※人数把握の為、できるだけ「水のえん」・懇親会ともに事前参加申込をお願い致
します!)
【申込み・問合せ】 「水のえん」実行委員会事務局 東垣 真理子(カッパ研究
会)
  E-mail: higashigaki@botejako.com

お庭の木々を吹き渡る風を感じながらの勉強 会・座談会になると思います。
是非お誘い合わせの上、多数ご参加ください。
[PR]
by amagasato | 2011-06-19 23:14 | 天若湖アートプロジェクト

伝書鳩プロジェクト


天若湖アートプロジェクト2010でご協力いただいた
アトリエ輪音さんの「伝書鳩プロジェクト」にゲストでお招き
いただくことなりました。

内容は下記のとおりです。
ぜひ、お越しください。



芸術創造活動支援事業:伝書鳩プロジェクト 
2011年1月22日(土)

「若手表現者達の想い」

“伝書鳩”とは、評価こそ確立していないものの、アーティスト、アートスペースーオーナー、
アートプロジェクト運営スタッフなど、様々な形で真摯に活動に取り組んでいる若手表現者達に
発表の場を設けることで、若年層の芸術文化に関わる層全体の底上げ、相互間の交流促進を図ると同時に、
広く一般市民に芸術・文化に対する理解を深めてもらう事を目的としたフォーラム、
そして展示プロジェクトの事です。

フォーラム:11:00~17:00(10:30受付)|大阪市役所1Fロビー|参加費:500円|定員:100人
申込方法氏名と連絡先(E-mail、TEL、FAX)を下記中之島4117までご連絡ください。
先着順、定員になり次第締め切ります。※定員に達していない場合は当日入場可。
関連展示:1月17日(月)~1月23日(日)10:00~17:00|大阪市役所1Fロビー|無料|

★ゲスト(アーティスト/アートスペース/アートプロジェクト)
奥中章人/知覚彫刻家、アトリエ創作処主宰、日韓アートプロジェクトHOUSE主宰
紺田達也/写真作家。フィルム、デジタルの両面から如何に表現出来るかを追求している     
塩見ちひろ/手描きのあたたかさを大切に、ストーリーを持たせて制作しているイラスト作家
CHIAKI/個性的でダイナミックな人物やキャラクターを描いている絵描き
ArtYard/異彩を放つフリーマガジンArtYard。JR難波駅前にてアート&イベントスペースも運営
ギャラリーSOZO/2010年北加賀屋にオープンした個性的な展開をしている企画ギャラリー
ギャラリーアビィ/写真表現を始めた人を“育てる場所”として注目を集める写真ギャラリー
藝育カフェSankaku/2010年4月奈良にオープン。人とまちとアートを繋ぐ“藝育活動”を展開している。
音叉/”響き”をテーマとした多人数参加の協同企画公募展。大阪/京都のスペースが連動
からほりまちアート/年1回、10月の最終土日に空堀商店街界隈を舞台に開催されるアートイベント
とんぼりワッショイ/道頓堀とんぼりウォークを舞台にしているステージ&フリマイベント
FLAG/オルタナティブワークスペース000が発行している外国人向けのライブ英文アートガイド”
淡路島アートフェスティバル/兵庫県、淡路島で年に一度開かれている芸術の祭典
天若湖アートプロジェクト/京都府、日吉ダム周辺を舞台としているコミュニティ・アートの祭典
奈良アートプロム/奈良、奈良市街を中心会場にして開催されている現代美術同時多発展
西宮船坂ビエンナーレ/兵庫県、西宮市山口町船坂で行われている国際芸術祭

★コメンテーター(アーティスト/コーディネ-ター/プロデューサー)
新聞女(西沢ミユキ)/世界中の古新聞を使う現代芸術作家
堂野智史/メビック扇町所長・チーフコーディネーター
三村康仁/伝統美術からストリートアートまでプロデュース

お問い合わせ/お申し込み:
中之島4117(水・木・金曜11:00~19:00/土・日・祝11:00~17:00)
〒530-0005 大阪市北区中之島4-1-17瑛長ビル1階
TEL&FAX 06-6445-8577 info[at]4117.jp ※[at]を@に変更してください。 WEB www.4117.jp
主催:芸術創造活動支援事業実行委員会(アートインフォーメーション&サポートセンター中之島4117)
後援:NPO法人アートNPOリンク、日本アートマネジメント学会関西部会
担当企画委員:輪音プロジェクト
[PR]
by amagasato | 2010-11-14 21:22 | 天若湖アートプロジェクト

天若湖アートプロジェクト終了

天若湖アートプロジェクトの本番が終わりました~!

暑いとか、しんどいとか、眠いとか、
なんだかそういう個人的な身体性がすべてどこか遠くのできごとのように
自分とは乖離していた数日間でした。

やっと、わたしの身体にわたしの魂が帰ってきた感触。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
今年のあかりを深夜、スタッフと一緒に
ダム右岸側の車道から、宮村から楽河まで見渡したとき
6年目にして「これだ!」と思いました。

漆黒の闇
ストイックなあかり

わたしの頭のなかにあった光景、そのものでした。
この目の前にある光景を
「アートプロジェクト」と名乗ることさえもったいない気がしました。

いろいろな意味で天若湖アートプロジェクトにとって一皮むけた年になったと思います。
[PR]
by amagasato | 2010-08-12 22:29 | 天若湖アートプロジェクト

ダム便覧の記事


★「天若湖アートプロジェクト」について、ダム便覧にさとうが書いた記事が掲載されました!
 
 これまであまり、公開してこなかった「あかりがつなぐ記憶」湖面へのあかり設置手順にも
触れています。
天若湖に流れ込んだ流木にどう挑むか
摂南大学の学生たちの奮闘記録です。

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranB/Konogoro.cgi?id=174
ダムマニアの心に届くといいな
[PR]
by amagasato | 2010-07-31 22:59 | 天若湖アートプロジェクト

準備

暑くて朦朧とした意識のなか
天若湖アートプロジェクトの準備が
着々と進む。

もっと、丁寧に進めたいことはたくさんあったのだが
結局ここまで追い詰められると、諦めることが増える。

なんやかんやと、細かいことには目を瞑りながら
走り抜けるしかないんだと思う。
[PR]
by amagasato | 2010-07-26 22:28 | 天若湖アートプロジェクト

天若湖アートプロジェクト2010のご案内

★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆

天若湖アートプロジェクト2010<あかりがつなぐ記憶>開催のご案内

「あかりがつなぐ記憶」は、日吉ダム・天若湖全体を舞台にした壮大なアートです
8月の夜、2晩だけ、水没した天若集落(約120戸)の家々のあかりが、ダム湖面に浮かびます
時空を超える幻想的なあかりをぜひ体験してください。

日時:8月7日(土)、8月8日(日)2晩、日没から日の出まで
場所:京都府南丹市、日吉ダム周辺

※8月7日(土)、8日(日)はJR日吉駅発着の送迎バス&ガイド付き観覧バスがあります。
※8月7日(土)はJR二条駅発着「あかりがつなぐ記憶ツアー」http://www.tourland.jp/
 もご利用ください。

★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆★★★☆


【その他の主なプログラム】
○展覧会
1)水の杜展-天若湖アートプロジェクト2005~2010
日時:平成22年8月6日(金)~9日(月)10時から閉館まで※最終日は昼12時まで
場所:スプリングスひよし2Fギャラリー
内容:天若湖アートプロジェクトの紹介を中心に、天若地域の環境、文化に触れる展示をします

2)殿田郵便局ギャラリー「みんなのカッパ展」
日時:8月7日(土)、8月8日(日)13:00~19:00<予定>
場所:旧日吉郵便局
内容:カルティベーション・パートナーズのみなさんによる「カッパ」をテーマにした絵画やぬいぐるみなど造形作品の展示をします

○ワークショップ
1)牛乳パックであかりをつくろう
日時:平成22年8月7日(土)
場所:スプリングスひよし2Fギャラリー
内容:ワークショップで作った作品は、夜間「世木林・あかりのみち」で展示します。

2)桂川で遊ぼう!
日時:平成22年8月8日(日)11:00~15:00
場所:桂川河畔(スプリングスひよし歩道橋近傍)
内容:川遊びのエキスパートと一緒にEボート、ストーンペインティングなどを体験します。
  (企画協力/摂南大学澤井ゼミ・摂南大学エコシビル部)

※詳細は公式ブログでご確認ください
 http://amawakaap.exblog.jp/ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主催:天若湖アートプロジェクト実行委員会
お問い合わせはama_art@mac.comまで
   
[PR]
by amagasato | 2010-07-25 00:17 | 天若湖アートプロジェクト

ご挨拶の日

今日は天若湖アートプロジェクトな1日。

f0062601_23342643.jpg


市役所、支所などなど
合計7箇所。
あいさつ回り。

途中でみときやさんに寄って、ツアーの打ち合わせ
チェンバロも弾かせてもらいました。

f0062601_23304532.jpg


どこに行っても歓迎モード。
「こちらで何かできることはありませんか」と地元行政の方から
声をかけられる日がくるなんて、
1年目、2年目を思うと信じられないくらいの状態です。

いやぁ、継続は力なりですね。

やっぱり、アートプロジェクト最低10年説(さとうの持論)
は間違ってなかったと、気持ちを新たにしました。

京都市内に帰ってから、天若湖アートプロジェクトの第2回
ミーティング。
関連企画の提案がたくさんあったけど、「欲張らない」が今年のテーマ。
今年はシンプルにいきたいと思います。
[PR]
by amagasato | 2010-05-20 23:34 | 天若湖アートプロジェクト

天若→筏→パブリックデザイン

今日は仕事のあと天若湖アートプロジェクトの2010年に向けての会議。
3/2からの展覧会準備も着々と進んでいる。
2009年の悪夢は繰り返さまい。
それがみんなの共有意識で動いているのが分かる。
 ほんまにしんどかったけど、乗り越えたときに
本当にわたしたちの手を離れても、生きていける催しになるんじゃないだろうか。

下村さんが亀岡から持ち帰ってくれた、印刷された筏リーフレットを手に取る。
感無量。
派手でもないし、スタイリッシュでもないけど
地に足の着いたデザインに仕上がった。
京筏組が持ってる情報、伝えたいことをちゃんと作り込めたと思う。
 
パブリックな機関が発信するデザインがどうあるべきか。
これもパブリックアートについて考えるときと共通の要素がある。
 
ここ最近、私が取り組んでいる課題のひとつ。
[PR]
by amagasato | 2010-02-26 00:18 | 天若湖アートプロジェクト