京都在住 アートNPO代表さとうひさゑの日々の記録です
by amagasato
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
アート・プランまぜまぜ
日記
天若湖アートプロジェクト
いかだのこと
kameoka!
作品
雨傘文化論
お気に入りブログ
日々。生きる現代文学
加藤わこ三度笠書簡
アーツマネジメントの研究...
Trade mark 日...
京都大学時間雇用職員組合...
アート・プランまぜまぜ
声と風景
天若湖アートプロジェクト
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
環境・エコ
アート・デザイン
画像一覧

熊本旅行 2013年2月22日-2月24日 (2)

荒瀬ダムを見学後は球磨川上流を車で見学に
くまモンが案内訳のPR映像「くまもとで、まってる
の舞台になった渡し船の場所を見に川沿いの道を
上流へ。


球磨川の急峻な谷あいを沿うように引かれた
SL人吉が走る線路と狭い道路。
ときおり、民家や田畑が狭い土地に石垣を積み
器用に建っていました。


この土地の開墾は大変な苦労だっただろうと
想像されました。

渡し船の跡地を見て
満足して、さあ、帰ろうと思って川を渡ろうとしても・・・
川を渡る橋がなく、橋を求めてさらに上流へ。
渡し船が必要だった理由がよく分かりました。

上流へ上流へと
車を走らせ、ずいぶんと長時間のドライブになりましたが
球磨川の風景を堪能することができました。


なんとか、対岸に渡り一路水俣市へ。
宿泊先の「湯の鶴温泉 あさひ荘」を目指します。

f0062601_23365428.jpg


正に秘湯という風情の「湯の鶴温泉」で旅の疲れを癒しました。

昔は嫁入り前に花嫁が入りに来たという伝説のある「美人の湯」。
人肌ぐらいの温度が気持よく、いつまでも入っていたいような温泉でした。

温泉のあとは馬刺しや海の幸、山の幸をたっぷり。
渓流のせせらぎを聞きながら、球磨焼酎を飲み夜は更けるのでした。

2日目、起床するとすぐに朝風呂に入り周辺の散歩へ

霧がかった朝の谷。
旅館から少し歩くと赤い吊り橋があり、
渡りきった先に段々畑と棚田が広がっていました。
f0062601_23375860.jpg


朝霧にけぶる棚田
ああ、ここにも桃源郷。

田植えの時期に訪れたら、どんなに美しいだろう。
しばし見とれて、旅館に戻り、朝食を食べ、
エコパーク水俣を目指して出発。

途中で、また 素晴らしい棚田を発見してパシャリ

f0062601_23391827.jpg


つづく
[PR]
by amagasato | 2013-03-01 23:44 | 日記