「ほっ」と。キャンペーン

京都在住 アートNPO代表さとうひさゑの日々の記録です
by amagasato
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
アート・プランまぜまぜ
日記
天若湖アートプロジェクト
いかだのこと
kameoka!
作品
雨傘文化論
お気に入りブログ
日々。生きる現代文学
加藤わこ三度笠書簡
アーツマネジメントの研究...
Trade mark 日...
京都大学時間雇用職員組合...
アート・プランまぜまぜ
声と風景
天若湖アートプロジェクト
メモ帳
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
環境・エコ
アート・デザイン
画像一覧

熊本旅行 2013年2月22日-2月24日(3)

レンタカーでエコパーク水俣を目指します。

日本で最も有名な公害病の1つである
水俣病が発生した有機水銀の汚染地帯は
湾に溜まったヘドロを封じ込めた埋めたて地として
再整備されていました。

f0062601_22242991.jpg



2つ目の見学先となる「水俣市立水俣病資料館」へ

福島第一原発の事故以降、過去のように思えていた
公害が、身近に迫っている危機感があり、一度
訪れてみたい場所でした。


有機水銀中毒が地域住民にもたらした被害は
社会科の資料集やテレビでも見たことがありました。

ここでの展示はただ被害を告発するような姿勢ではなく
患者ひとりひとりや家族の顔が見えるパネル展示になっていて
自分に引き寄せて感じることのできるものでした。


被害者だけでなく
水俣病に関わった医師やチッソの研究者、文学者、写真家・・・。
周りの人々の葛藤や努力も胸を打つものがありました。

覚悟はしていたものの
ずどんと重いものが胸に残りました。

また、いくつかの気づきもありました。

私たちが地域での環境と暮らしと結び付けて複合的に
考えるようになっているひとつの源流が原田正純先生の提唱した「水俣学」に
あるということ。

水俣病のイメージが強すぎて、「水俣」と聞くと寂しい
漁村といった映像が浮かんでしまう。

しかし実際に行ってみると水俣市には山もあれば温泉もある、段々畑もある。
水俣駅周辺も細い路地と水路が入り組んだ風情ある町並みでした。


地域イメージという視点からすると
この病気の名を「水俣病」と名付けてしまったことに悔しさを感じました。
「有機水銀中毒症」とか、地域と距離を持った別の名前であったら
水俣市のイメージは違うものになっただろうと思いました。
[PR]
# by amagasato | 2013-03-05 22:27 | 日記

熊本旅行 2013年2月22日-2月24日 (2)

荒瀬ダムを見学後は球磨川上流を車で見学に
くまモンが案内訳のPR映像「くまもとで、まってる
の舞台になった渡し船の場所を見に川沿いの道を
上流へ。


球磨川の急峻な谷あいを沿うように引かれた
SL人吉が走る線路と狭い道路。
ときおり、民家や田畑が狭い土地に石垣を積み
器用に建っていました。


この土地の開墾は大変な苦労だっただろうと
想像されました。

渡し船の跡地を見て
満足して、さあ、帰ろうと思って川を渡ろうとしても・・・
川を渡る橋がなく、橋を求めてさらに上流へ。
渡し船が必要だった理由がよく分かりました。

上流へ上流へと
車を走らせ、ずいぶんと長時間のドライブになりましたが
球磨川の風景を堪能することができました。


なんとか、対岸に渡り一路水俣市へ。
宿泊先の「湯の鶴温泉 あさひ荘」を目指します。

f0062601_23365428.jpg


正に秘湯という風情の「湯の鶴温泉」で旅の疲れを癒しました。

昔は嫁入り前に花嫁が入りに来たという伝説のある「美人の湯」。
人肌ぐらいの温度が気持よく、いつまでも入っていたいような温泉でした。

温泉のあとは馬刺しや海の幸、山の幸をたっぷり。
渓流のせせらぎを聞きながら、球磨焼酎を飲み夜は更けるのでした。

2日目、起床するとすぐに朝風呂に入り周辺の散歩へ

霧がかった朝の谷。
旅館から少し歩くと赤い吊り橋があり、
渡りきった先に段々畑と棚田が広がっていました。
f0062601_23375860.jpg


朝霧にけぶる棚田
ああ、ここにも桃源郷。

田植えの時期に訪れたら、どんなに美しいだろう。
しばし見とれて、旅館に戻り、朝食を食べ、
エコパーク水俣を目指して出発。

途中で、また 素晴らしい棚田を発見してパシャリ

f0062601_23391827.jpg


つづく
[PR]
# by amagasato | 2013-03-01 23:44 | 日記

熊本旅行 2013年2月22日-24日(1)

天若湖アートプロジェクトの有志メンバー
4名で熊本視察旅行に行ってきました。

f0062601_2310120.jpg



主な目的は日本で初の本格的ダム撤去工事を行っている
荒瀬ダムに見学。
そのほかにもエコパーク水俣の見学や水前寺公園、
温泉あり、美味しいご飯あり、くまモンあり。
充実した旅になりました。

記憶が薄れないうちにこちらのブログに記録しておこうと思います。

【1日目】
九州新幹線で大阪からびゅーっと新八代まで。
新八代からレンタカーを借りて荒瀬ダムの展示
をしている
道の駅さかもと
で熊本県職員の方と待ち合わせ。

待ち合わせ時間までにお昼を済ませます。
注文したのはもちろん
「荒瀬ダムカレー」!

f0062601_23121114.jpg


ゲートを模したカツが特徴のダムカレー。
ボリュームたっぷりですが、ぺろりと完食。

売店にもおいしそうな特産物が山盛りでしたが
旅の始めということで、購買欲はがまん がまん

県職員の方と駐車場で落合い
ごあいさつ。
道の駅のすぐ脇で、解体工事の全体の説明を受けました。

ダムということで
山奥を想像していましたが球磨川のごく下流部で
ほぼ平地。ここで少しびっくりしました。


「道の駅さかもと」に戻り、建設当時の紹介映像パネル展示の説明を受けました。

わずか1年半の工事だったこと。
その間に11名の方が命を失ったということ。
映像に登場する作業員が想定以上に軽装だったこと、農家風の女性も混じっていたこ
と。
荒瀬ダム建設以前は道路がなく、村の人たちは船と汽車のみが交通機関だったこと。
山と川の間のわずかな土地と
斜面に石積みを積み建てられた家や田畑をつくっている風景が印象的でした。
(この風景はこの後車で行った上流部でも同じでした。)

そして熊本県100年の事業と謳われているダムも
55年で役割を終えることに。
とてもインパクトのある映像でした。

発電設備の老朽化、政治的な撤去費用の経緯・・・。

f0062601_23131424.jpg


ダム撤去に伴う新たな護岸環境の整備や周辺環境のモニタリングの
方向性や、実際にゲートを2個取り外した段階での思わぬ生物への
影響など・・・。
様々な観点からお話いただきました。
[PR]
# by amagasato | 2013-03-01 23:14 | 日記

わくわく塾リレー講座



2012年度域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会リレー講座ご案内

「公共人材とは?」 というテーマのもとに、「わくわく塾リレー講座」を
亀岡市、舞鶴市、京田辺市、京都市、宇治市の各地で開催することとなりました。
第1回「京の公共人材大賞」で受賞されましたファイナリストの皆さまに、
講師となっていただき、
地域の課題解決に向けて活動されていらっしゃる取組みにつきまして
各30分、活動のご紹介をしていただきます。
ミニシンポジウム形式での開催予定でおります。

第1回講座は、下記のように開催いたします。
皆さまぜひご参加いただきますよう、お願いもうしあげます。


       記
第1回わくわく塾リレー講座
開催日時   7月21日土曜日午後2時~4時
所要時間  講座1時間および交流会1時間 計2時間程度
講師     さとうひさゑ氏(NPO法人アートプランまぜまぜ理事長)、
        広瀬之宏氏(京都メディアートラボ代表)
開催場所  亀岡市文化資料館会議室
        京都駅よりJR嵯峨野線「亀岡駅」下車 徒歩7分
        http://www.knetworld.com/bunka/
参加費   無料(運営費カンパ募集中です)

【問合わせ先】
わくわく塾事務局 遊プロジェクト京都
Email: info@yuproject.com
FAX:075-950-1639 携帯:080-6209-0797(高嶋)
[PR]
# by amagasato | 2012-07-18 17:38 | アート・プランまぜまぜ

わたしが脱原発デモに参加した理由


タイムリーな政治的話題のことは、あまり書かないのですが、こんなに危機感をもったこともなかったので、今の気持ちを書きとめておこうと思います。

6/10京都、6/15大阪(関西電力本社前)と大飯原発再稼働反対のデモに2回行きました。
わたしはNPOなど社会的活動をしてきましたが、これまでデモに参加したことはありませんでした。

これまで参加しなかったのにはいくつか理由がありました。
 ・デモをすることで何が変わるか分からない
 ・デモの趣旨とは関係ない看板やのぼりが見受けられる
 ・既成の政治団体の集票活動が裏にあると嫌だから

なにより
わたしには社会問題に向き合うとき「対立を煽る」ことで
解決することを良しとしない。という信条があります。

歴史・社会的背景・個々の事情・科学的な見解・自然環境や地理的条件との関係…
推進派の人にも反対派の人にもそれぞれ
理由はあるのだから、自分の知っている範囲のことだけを
「正」とし、意見の違う人を「悪」として攻撃するのをわたしは好みません。
そういう行動をとると自分の弱点も認めれなくなるからです。

福島第一原発の事故が起きて、原発の安全神話が
本当に「嘘」だったことを知りました。
薄々感じてはいましたが、想像以上でした。

今現在原発が1基も動いていない状態で<短期的なコスト高>
※この計算がほんとかどうかわかりませんが・・・
であっても停電もおこらないし、電車も止まらないし、生活できている。
電力需給側からのアナウンスでさえ、大飯原発2基動かせば、
盛夏も乗り切れるらしいです。
 それなのに問題の多い原発を日本に54基もつくったなんて、意志決定が
狂っていたとしか思えない。

日本での原発ゼロの生活を
わたしは今、
実感を以て語ることができます。

わたしは、6/8の野田首相の国民に向けた会見を聞き、
心底腹が立ちました。
「狂った安全神話」を是が非でも続けるため、
都合の悪い意見を退けるため、
無能を装った態度に見受けられました。

わたしは野田首相の言葉に「納得していない」という
意志表示がしたい。
と1人の国民として思いました。

狂った安全神話を作り出した狂った意思決定を良しとすることをここで断ちたい。

デモのほかにも方法はあるのかもしれないけど
SNSで主張したり、親しい人に愚痴るより、まず
自分の生身の身体で示したいという衝動にかられました。

それがわたしの思いです。
[PR]
# by amagasato | 2012-06-16 20:32 | 日記